【タイ旅行】タイのATMでクレジットカードで現金キャッシング。本当にかかる手数料は?

タイへ旅行している最中に現金が不足してきたので、ATMを探して現地通貨(バーツ)をクレジットカードでキャッシングするとATMに手数料は220バーツ(約730円)との表示されました

730円は高すぎる!!と思いつつも、日本円やシンガポールドルの現金も持っていませんでしたので泣く泣く現金をキャッシングしました。

でも実際の手数料は?

数日後、クレジットカードのWeb明細をみると、ぱっと見は手数料がかかってないようでした。
今回利用したクレジットカードは、三井住友VISAのANAワイドゴールドカードです。

念のため、ひとつずつの項目が正しいのか確認していくと、

ご利用金額
 ・海外キャッシュサービス

  現地通貨額(5,000.00 THB) ✕ 換算レート(3.3097) = 16,548円 
    *換算レートはVISAの手数料等が含まれているので、少し高くなっているはず。

 ・ATM利用手数料 海外キャッシング

  三井住友カードのWebサイトに記載されている通りの216円

お支払い総額:

 ご利用金額(16,548円)+ 内手数料(349円)= 16,897円

内手数料:

 内手数料と記載されているので分かりにくいですが、キャッシングによる利息ですね。
 キャッシングの利率は18%/年とのことなので計算してみると、

  ご利用金額(16,548円)✕ 利息(18%/年)✕ 返済までの日数(43日)÷ 365 = 350円
    
*返済までの日数は、シミュレータを使うと簡単に計算できます。利用金額が万円単位しか計算できないのが不便です。

 なぜか明細に記載されている349円と1円の差が出てしまいました。
 誤差ということで….

ちなみにキャッシングの利息は早期返済可能です。

海外キャッシングの繰り上げ返済は必須。利子を節約しましょう!

2017.06.06

ここまで、Web明細に記載のある金額を全て確認しましたが、ATMに表示された220バーツの手数料はどこにも含まれていない!?

不思議に思いネットの情報を探していると、情報を書いてくださっている方がいらっしゃっいました。

参考:http://xn--pqq79suta38thqqkwr.com/337

なんでもクレジットカード利用時には、この手数料は課金されないようです。

なんとも紛らわしいATMの手数料表示ですね。
この表示で、ATMでキャッシングするの止めてしまった人が多いんじゃないかな…

まとめ

タイでキャッシングする時にATMに表示される220バーツの手数料は実際には課金されないようです。
これで安心してタイでもクレジットカードを使ったキャッシングができますね。

追記
他の方のブログの記事を見ると、手数料はかかると記載されている方が多いので、もしかしたらATMや使用するクレジットカードにより手数料がかかるのかもしれません。
ご注意ください。