シンガポールで最高レベルの日本食が食べられる 酢重

オーチャードに行く予定があったのでついでに、いつか行きたいと思っていた、日本食の有名店 酢重でランチを食べてきました。

酢重とは

長野県で味噌や醤油をつくっていたのがお店の始まりで、200年ほどの伝統があるお店のようです。

日本だと、

  • 新丸の内ビル
  • 渋谷ヒカリエ
  • 東京ミッドタウン

に入っているお店で、そのビルのレベルからもお店の高級感が伝わってきます。海外では、シンガポールだけに出店しています。

>>酢重のWebサイト(日本)
>>酢重のWebサイト(シンガポール)

私は、日本では酢重の存在は知りませんでしたが、シンガポールで日本食で有名と名前を知りました。

酢重の場所

酢重はオーチャードのマンダリンホテルの下層部にあるマンダリンギャラリーの4階にあります。日本人に有名なお土産屋メリッサの直ぐ近くです。

お店情報
店名:酢重(Suju)
住所:Mandarin Gallery 333A Orchard Rd #04-05 SINGAPORE 238897
URL:http://suju-masayuki.com/sg

お店は外から見ても直ぐに日本食のお店と分かる和の雰囲気がただよっています。

酢重の店内

お店は入り口から入るとすぐにカウンター席があり、その左手、右手それぞれに大きめの部屋があり、テーブル席がそれぞれ並んでいます。

週末に訪れたので、混雑しているかと思い、昼時を少し外した2時頃でしたが、それでもまだ満席近くに席は埋まっているような人気のお店でした。

お店は、静かで落ち着いた雰囲気になっており、テーブルも広目でゆっくり料理を食べられます。この騒がしいオーチャード周辺で、落ち着いて食事ができるお店はありがたいです。お客さんはほぼ日本人で、駐在員が家族と週末に食べにきている感じです。

店員さんも大人数おり、目を配るだけですぐにメニューを聞きに来てくれたり、お会計を判断してくれ、高級店な接客になっていました。
2人で訪れたので2人席に座っていましたが、4人席が空くと「移動しますか?」と聞いてくれるようにサービスレベルも高かったです。

酢重の料理

ランチで訪れ、メニューはランチ用になっていましたが、それでも結構いいお値段がします。お店のWebサイトからもメニューを確認できるようになってなっています。

生鮭塩焼き定食

鶏もも肉の照り焼き定食

 

お店の雰囲気だけでなく、器も日本食に合うもので提供されて、見た目でまず料理の美味しさが伝わってきます。

ごはんを食べてみると、やはり日本のおいしいお米だとすぐ分かる味でした。また、味噌作りで始まった店だけあり、味噌汁も日本の味でおいしいですし、おかずの料理も焼き加減も良くて、レベルの高い料理となっていました。

料金は、
 ・照り焼き定食 24 SGD(約1,950円)
 ・鮭定食 25 SGD(約2,000円)
となり、GSTとサービス料込みで4,600円程度でした。

まとめ

人通りが多く騒がしいオーチャードにあるお店ですが、店内は静かで落ち着いており、非常にレベルの高い日本食が食べられるお店でした。

シンガポールでこのクオリティの日本食が食べられるだけあり、食べてみるとこの値段も分かる気がします。

お店は混雑しているので、行く際は予約してから訪れるのが安心です。