インターネット(StarHub)の手続き方法は?開通まで簡単でした。

StarHub(スターハブ)のインターネット開通作業が終わり、部屋からインターネットにアクセスできるようになったので、シンガポールでのインターネット開通までの手続きについて書いておきたいと思います。

シンガポールのインターネット事情

このサイトにちょっと情報は古いですが、シンガポールのインターネット情報がまとめてありますので参考にさせてもらいました。

ISPとしては、代表的に4社があるようですが日本のようにキャリアを選ぶ必要は無いようです。どういう仕組みになっているか分かりませんが。
(小さい国なので、国が回線を敷いているのか??)

インターネットの契約

申込書を受け取る

シンガポールに渡航する以前に、部屋の契約が完了後、不動産エージェントよりSP Services(電気、ガス、水道)とインターネットの申込書がメールの添付で送られてきました。

日系でない不動産エージェントは、部屋の選定以外の手続きをしてくれないようなことをネットで見ており、自分でシンガポールへ行ってから手続きしなくてはいけないと思っていましたので助かりました!

インターネットについては、StarHubの申込み書を送ってきてプロバイダーは決め打ちでした。

申込み書の宛先がStarHubではなく、Sales Agent宛てになっているので個人で代理店営業している人か?

不動産エージェントがこのSales Agentからキックバックもらっているなら、不動産の紹介料に加えインターネットのキックバックももらえて、いい商売だなーと勘ぐってしまいました…

ちなみに、Sigtelは個人からの直接申込みしか受け付けていないので、Sigtelがいいならシンガポールに来てから個人での申込みが必要になるとのことでした。

どのプロバイダーでも提供サービスには大差無いと思いましたので、申込み書をもらって手続きが楽そうなStarHubにすることにしました。

申込書の記入

申込み書は、簡単なA4一枚ぺらの紙に
・ケーブルTV
・インターネット
・固定電話
で加入したいサービスプランをそれぞれ選んでいく形式でした。

ケーブルTV、固定電話は不要でしたのでチェックせずに、インターネットのプランだけ検討しました。

インターネットのスピード(帯域)を選ぶだけならわかりやすいのですが、
Fiber, Dual Broad Band, Cable の三種類があり、それぞれに帯域の選択がありました。

これは、申込み書だけ見ても意味が分からない…
ということで、StarHubのWebサイトを見てみました。

Fiber・・・光回線
Dual Broad Band・・・光回線とアナログ回線?
Cable・・・アナログ回線?

のような感じかと推測しました。Dual Broad Bandといのは日本ではあまり聞かないですね。。需要があるのでしょうか。

まぁ、光回線が使えるなら、それに越したことはないので、光回線の1Gbpsを申し込むことにしました。

あとは住所などの情報を申込書に記入してIPAのコピーとともに、StarHubのSales Agentに返信しました。

そうすると、契約書がメールで送られてきました。

日本でもそうですが、2年契約なので違約金が高いです..1ヶ月目で止めると428 SGD(約34,000円)もかかってしまう。
さらに、1年以内だと追加の違約金も加算されるとのこと。

2年はシンガポールにいることを祈って契約書にサインして返信しました。

次は、インターネット開通作業の日程調整です。平日か週末かを聞かれましたので、平日でも良いと伝えると、1週間後に開通してもらえるスケジュールになりました。

不動産エージェントは、インターネットの開通には4-6Weekかかると言っていましたが意外と早くできました。平日を選んだのが良かったからかもしれません。

プロモーション

申込書を送った後に、StarHubのWebサイト上ではプロモーションがありましたので、Sales Agent経由でも適用されるか心配していましたが、内容を確認するとちゃんとプロモーション(3ヶ月無料、ルータ付き、設定無料 等)も含まれており安心しました。

申し込んだプランと適用されたプロモーションはこちら。

  料金/月 速度 プロモーション
 1Gbps Fibre Broadband $49.90
(約4,000円)
 1Gbps ・3ヵ月分の月額料金無料
・ルータ付き
・導入作業費用無料

このブログを書いているときにWebサイトを再度見たら、月額無料が6ヵ月に延びていました…
3ヵ月(約12,000円)は大きい。ショック。

インターネット開通日の作業

作業は9-11時の時間帯を事前にメールで指定されており、作業日当日の10時頃に「10時半前に到着する」と電話がありました。

遅れてくることも想定していましたが、事前電話もあり10時半頃にちゃんと到着し作業を始めてくれました。

20分くらいでモデムやルータの設置作業をして、「終わったから確認してくれ」とSSIDとパスワードが書かれたカードをくれました。

ルーターの設定もしてくれたので、こちらでは何もする必要はありません。

パソコンからWifiにアクセスすると問題なくインターネットにつながりました。
ただスピード計測すると40Mbps程度しか速度がでません…。

聞いてみると、私のPCが古くて問題とのこと。5Ghzの帯域を受信できる機器でないと、その程度しかスピードがでないとのこと。
IEEE802.11nに対応していても、2.4GHzしか対応していない機器があるとは知らなかった。

あぁ、そういうこと…

自分のスマホをスペックを調べてみると、スマホも2.4Ghzしか対応していない。。。

プランを1Gbpsにした意味ないじゃん…と悲しくなりましたが、当日家に持ってきていないノートパソコンは、ちゃんと5Ghzに対応しているようなので今度そちらで試してみよと思います。
(まだホテル暮らし中だったので、軽いノートPCしか接続テスト用に部屋へ持ってきていなかったのです)

そして作業者は立ち去る時に、「評価フィードバックあるから10にしてくれ」と何度も念押しして帰っていきました。

評価が給料に関係するのかな?とも思いながらも、事前電話もあったし部屋上がるとき靴下まで脱いでいたし、10にしてあげようかなと思ってます。

設置された機器

こちらが設置された機器です。

左側が終端末装置、右がキャンペーンでもらったルーターです。
ルーターは、D-LINKのDIR-868Lというモデル。
聞いたことない会社ですけど、台湾の会社みたいです。

ちなみにルーターにどんな機能があるかログインして確認しようとしてもパスワードが分からない…
デフォルトでは、パスワードはブランクになっているはずだが。

もしかしてと思いWifiのパスワードを試したら、ログインできました!
作業者の人がルーターのパスワードも変えてくれたようです。変えたなら教えてくれればいいのに…

インターネットのスピードは?

5Ghz(IEEE802.11ac)も対応したパソコンで、Fast.comにアクセスしてスピード計測すると280Mbpsでました。

500Mbps前後を期待していましたが、まぁ約300Mpbsでれば満足です!

 

後日、StarHubの料金の支払いをした記事はこちら。

インターネット(StarHub)の料金をWebから支払い

2017.04.03