日用品、お土産の買い物が24時間できるリトルインディアンのムスタファ・センター

何でも格安で購入できて、お土産の購入場所にも最適といわれているリトルインディアにあるムスタファ・センターに行ってきました。

バスで行ったのですが、近づくにつれてインド人の乗客が増えてきてインド人街へ行く雰囲気が上がってきました。

ムスタファ・センターは現在、旧館と新館があり、地下2階と2階がつながっており行き来できるようになっています。
↓の写真に写っている建物が旧館です。

シンガポールではめずらしく、入店時にリュックなどを大きめのカバンには結束バンドでファスナーを開けられないようにする必要があります。
が、結構適当です..
バックパックを持っていたのですがパソコン入れる小さなポケットだけ締めて、メインのところはスルーでもういいよと手で行けと合図。

シンガポールでは細かいこともしっかりしている人が多かったですが、久しぶりに東南アジアでよくある適当を目のあたりにして懐かしい気分になりました。笑

店内に入ってみると「すごっ」という声が自然に出てしまうぐらい物であふれていました。

いろいろ歩き回ってみますが、本当になんでもあるという感じでシンガポールのドンキホーテと言われるのも納得です。
ただ、店内に音楽は流れていないのでドンキホーテよりは落ち着いた雰囲気があります。笑

リトルインディアにあるだけあって店員もインド系の方が多いです。
そして、店員の数が多い。いたるところで仕事していたり座っていたりしてます。

通路は狭いし買い物客はまとめ買いのようにカートに物を載せて大量に買っていますので、なかなか思ったように歩けません..

店内の様子

日用品

食品類があったり、

衣類とスポーツウェア、

そして厚手の冬着も。

シューズ。

そして、電化製品もあれば、

本当の家電も売っています。
   

カバン、スーツケースも大量にありました。
売っている数だけでいえば、シンガポールで一番多い売り場ではないかと思いました。

DVD。

アクセサリー

本当に日用品は何でも売っていそうです。

ただ、店内の地図は無いので、欲しいものが見つからないときはWebサイトの地図を見るか店員さんに聞きましょう
客がよく店員に場所を聞いているところ良く見かけました。

お土産

さらにシンガポール土産も沢山売られていました。シンガポールで良く見かける格安チョコレート。

置物系のお土産。
    

有名なアーユルヴェーダ石鹸
 

実はムスタファ・センターをネットで調べるまで、このアーユルヴェーダ石鹸という存在を知りませんでした。
アーユルヴェーダとは、インドの伝統医学で世界3大伝統医学の1つのようです。

お値段は、↑の写真だと5SGD(約400円)になっていますが、これは5個くらいのセットになっています。
1個あたりだと1SGD(約80円)で、同じ商品を日本では330円程度で売っているようです。

シンガポールだと日本で買うより1/4の値段で買えてしまいます
そりゃ、観光客のかたはシンガポールに来たら買いますよね。

ちなみにこの石鹸は、新館1Fのエレベータ近くでした。
ここでは5,6個のセットでしか売っていませんでしたが、他の売り場では1個単位で売っているようです。

タイガーバーム
塗り薬、貼り薬など色んな種類が大量にあります。
日本では今はもうタイガーバームは販売されていないようですね。

ムスタファ・センターで買い物をした後、屋上にあるインド料理屋へいきました。
記事はこちら。

ムスタファ・センター屋上にある多数のインド料理が食べられるレストラン Kebabs'n Curries

2017.10.03

まとめ

ムスタファ・センターは24時間日用品の買い物ができるシンガポール版ビックリドンキーでした
店内は広いので、初めて訪れる時には事前に公式サイトの地図を見ておくとなんとなく位置関係が分かるのでお勧めです。

観光などで時間が初めて訪れる場合は、目的の品を探すのに時間がかかったり、店内が歩きにくくレジが遅く想像以上に時間を要してしまうので注意が必要です。
あらかじめ、買う物を決め、ブログなどで場所の情報を得ておくか、店内に入ったらすぐに店員にききましょう。

歩きながら、店内を見てまわっていたら半日でも終わらないくらい時間がかかると思います。

 

 

お店情報
店名:ムスタファ・センター
住所:Mustafa Centre, 145 Syed Alwi Road, Singapore 207704
URL:http://www.mustafa.com.sg/