プライオリティパスで使えるチャンギ国際空港ターミナル2のラウンジ。2カ所の利用がおすすめ。

タイへ行く際に、チャンギ国際空港のプライオリティパスで使えるラウンジを利用しました。

今回はScootを利用したのでターミナル2からの出発です。
ANAもターミナル2ですので、ターミナル2を利用する日本人の方も多いと思います。

プライオリティパスのWebサイトで検索すると、チャンギ国際空港のターミナル2で利用できるラウンジは3カ所あります。

今回は、訪問前に調べて評判の良いTGMSATS Premier Loungeを利用しました。

この2箇所の場所はターミナル2のLevel3で、↓のような位置関係になっています。

注意:SATSプレミアムラウンジの場所は、少しずれているかもしれません。

ターミナル2のラウンジ利用

TGM

まずはTGMへ行くことに。
ラウンジの場所は、出国審査後の免税品やお土産を売っているフロアの1つ上のフロア(Level3)になります。
フロアにエスカレーターであがるとフードコートが目につくと思いますので、その隣にTGMはあります。
方向的には滑走路側ではなく、出国審査側になります。

TGMはプライオリティパスで利用できますが、ラウンジではなくレストランです。
スタッフにプライオリティパスで利用したい旨を伝えると、カウンターで手続きをしてと言われました。

↓の写真のTGMとの表示がある場所で手続きをします。
手続きといっても、通常のラウンジに入るのと同じでプライオリティパスと搭乗券の提示してサインするだけです。

TGMは日本、韓国系レストランで、プライオリティパスの提示で定食が1食無料で食べられます

レストランの通常メニューとは異なり、専用メニューから選ぶ形式になっています。

定食をカウンターでオーダーすると、後は通常のレストランと同じで案内された席に座り料理を待つことに。
日本食を提供しているだけあり、飲み物(お茶)も無料でもらえます
残念ながらアルコールは有料。

午後2時くらいに訪問したため、まだ昼食の時間帯で店内は混雑しており、空港で働いている感じの人々が多かったです。

私が注文したのは、Beef Shogayaki Set(牛生姜焼きセット)です。
ご飯、味噌汁、おかず、フルーツと思っていた以上に豪華な食事が出てきました。

食べてみると、味付けも日本で食べる料理と遜色ないレベルでおいしいです
さらに、ご飯にはわさびふりかけがかかっており、久しぶりにふりかけでご飯を食べられて幸せを実感しました。
   

ちなみに、このレストランの通常メニューの金額感はといいますと、
 グリーンサラダ 12SGD(約1,000円)
 豚骨ラーメン 21SGD(約1,700円)
となっていました。

ですので、プライオリティパスで食べられる定食を普通に食べると25SGD(約2,000円)はかかると思います。
これにさらにサービスチャージ(10%)がかかったら….
出国審査後のエリアだから、消費税はかからないのかな??

シンガポールに普段住んでいると、日本食は高くてなかなか食べられません。
プライオリティパスで無料で食べられて、プライオリティパスのありがたさを実感しました!

食事が終われば、会計はもちろん不要なのでそのまま退店すれば良いとのことでした。

【追記】
他の日の朝に、このTGMを利用し、朝食として鮭の定食をいただきました。
やはりクオリティが高い!

SATSプレミアラウンジ(PREMIER LOUNGE

定食を食べたTGMはレストラン形式になっているので、店内に長居できる雰囲気ではありません。食事が終わったら、他のラウンジに移動することにしました。

ターミナル2の残りの2カ所のラウンジは、
 ・AMBASSADOR TRANSIT LOUNGE
 ・SATS PREMIER LOUNGE
です。
このうちSATS PREMIER LOUNGEの方が評価が良いのでこちらへ訪れてみることに。

場所はTGMと同じフロアの滑走路側に位置しています。
(詳細は、ページ上部の地図をご参考に。)
このラウンジも入り口で、搭乗券とプライオリティパスを提示してサインすると入場できます。

受付の方は、私の入室手続き中に搭乗券のバーコードを何度もスキャンしてもダメみたいで、手入力でもするのかと思ったらそのまま搭乗券は返されて入力をあきらめていました。笑
ちょっと適当さが垣間見えました。

ラウンジに入ってみると、3割ぐらいの席は埋まっているような使用状況でした。
手前に低めのイス、奥に高めのテーブルとイスがありました。

数席ですが、半個室になっている席もあり仕事に集中できそうです。

このラウンジの前に、すでにTGMで昼ごはんを食べてしまっているので、食事を食べるという感じにはなりませんでしたが、フードは多くの種類がありラウンジの中では充実しているようでした。

サラダもあります。

自分でスープを入れて作るヌードルもありました。
お腹が減っていれば試したのですが…

ビールは自動マシーンは無く、缶ビールでの提供でした。
グラスもしっかり冷やされているので、おいしいビールが飲めます。

ビール以外のお酒類もちゃんとあります。

 まとめ

プライオリティパス保有者がチャンギ国際空港のターミナル2を利用する場合は、
 TGMで日本食の定食を食べる  SATSプレミアラウンジでアルコールと休憩
という2カ所のはしごがお勧めです!

他のターミナルを使う場合でも、わざわざターミナル2のTGMへ日本食を食べに行きたくなります!

日本からの旅行者の方は、TGMへ行って日本食をたべる必要はないと思いますが…

海外在住でも取得できるプライオリティパスはこちら↓

海外居住でも申込と受取りができました!楽天プレミアムカードとプライオリティパスの入手方法

2017.09.18