シンガポール入国時にはタバコは税金の支払いが必要です!税関で簡単に支払えました。

 シンガポールは、なんとタバコの持ち込みに対して1本から課税されます!

今回、一時帰国した際に、日本で買ったタバコをシンガポールに持ち込み税金を支払いました。

日本でタバコを購入してシンガポールへ

タバコは、シンガポールに戻ってくる際に日本の空港の出国審査の後にある免税エリアで購入しました。

1カートン3,000円で2カートン購入しました。
シンガポールでは、2カートンより多いタバコを持ち込む場合は輸入許可書が必要になるようです。
そのため、現実的に個人が持ち込むのは2カートン/人までになります。
(タバコ1本、1gと考えた場合)

タバコの税金はいくら?

海外ではタバコの免税範囲がある国が多いですが、シンガポールの場合、タバコの免税は無し税関のホームページにしっかり記載されています。

タバコの税金は1本当たり38.8セントです。(2017年9月)
2カートン持ち込む場合、200本 ✕ 2カートン ✕ 38.8セント = 155.2SGD(約13,000円)

高い!
2カートン6,000円で購入したのに、税金は2倍以上!!

税金の支払い

チャンギ国際空港に到着し、まずは預入荷物を受取ります。
そして、出口を出る前に税金の支払いが必要になります。

なんと、預入荷物が流れるベルトコンベアの近くにTax Payment Kioskなるものが。
さすがシンガポール。税金の支払いも機械でできるとは進んでる!!

と思ってトライしてみたものの、タバコの数の入力が正しくないのか想定している税金より格段に安い金額が表示されます。
間違っていて後で課税されるのも怖いので、窓口で税金を支払うことにしました。

ちなみに、今年(2017年)の10月以降は、このキオスク機械は使えずスマホのアプリで支払うことになるそうです。
本当にシンガポールは、積極的に新しい技術を取り入れますね。

すぐ近くにある税関へ訪れると、タバコを提示してパスポートを出すだけで手続きをしてくれました。
書類の記入も不要で、係の人がパソコンで何か入力して5分程度で簡単に終わりました。

支払いは、NETSかクレジットカード(VISA, MASTER)でも支払い可能。
日本だったら絶対、現金のみだよな…

 

で、レシートをもらい終了。

15.62SGD(約1,300円)足されていましたが、銘柄毎に追加費用があるのでしょうか??
この金額は後でレシートを見て気づいたので、税関で確認も出来ませんでした…

それにしても、税関の人は凄くフレンドリーで親切でした。
過去に、ビザの手続きに行った際の窓口の人も親切だったし、シンガポールは役人の人が親切でありがたいです。

そして、空港の手荷物受取りのゾーンから出るときは、緑の出口(Nothing To Declare)を出れば良いとのこと。
出るときに係員に何か聞かれたらレシートを提示するようです。

罰金

違反した時の罰金は、初回は1箱当たり200SGD(約16,000円)記載されています。

2カートン持ち込みで申告しなかった場合は、
 20箱 ✕ 200SGD = 4,000SGD(約320,000円) 
恐ろしいですね…

まとめ

シンガポール入国する際は、タバコ1本から税金を払う必要があります。
見つかったら高額な罰金を科せられるので、忘れないように空港(手荷物受取りゾーン)を出る前に支払いましょう!!

注意
正しい情報を確認するように努めましたが、当記事に間違いが含まれている可能性もあります。
タバコを持ち込む方は、最新の情報をご確認ください。
https://www.customs.gov.sg/