ブログ用に高級コンデジCanon PowerShot G7 X Mark IIを買ってみた。半年利用してみた感想。

ブログ用などの写真はスマホで撮っていましたが、特に夜景や望遠がキレイに取れずにデジカメを買おうか1年ほど悩んだ末、Canon PowerShot G7 X Mark IIを購入してしまいました

購入後、半年ほどたちますのでレビューしてみたいと思います。

デジカメを購入するまでの悩み

良い写真を撮りたいと思っても、一眼レフやミラーレスといった筐体が大きいものはどうしても持ち運びにくそうだしレンズ交換も手間なので候補から外し、カメラ性能のよいスマホを買い換えるかコンデジを新規に購入するかで悩みました。

そして、スマホかデジカメかで悩んだ末に、

  • 高倍率にできると
  • 夜景に強い

という点から、スマホを買い換えるのでは無くデジカメを買うことを選択しました。

それでも6,7万円もする買物。
そう簡単に購入に踏み込めませんでしたが「使わなくなったら、メルカリで売ればいいし!」という、悪魔のささやきで自分を納得させて購入してしまいました。

実際、過去に購入したデジカメを1年ほど利用した後、メルカリで売ったら購入時とほぼ変わらない値段で売れましたので。

購入したのは、高級コンデジの中でも評判の高いCanon PowerShot G7 X Mark IIです。
もうすぐ発売して2年になりますが、現時点でも価格.comの売れ筋ランキングでは1位になっていますね。

購入したのは日本

購入するまで1年以上悩んだので各地の空港の免税エリアなどで値段をチェックしていましたが、結局一番安かったのは日本でした。

シンガポールに住み始めて実感するのは、やはり日本は物価安いですよね。
日本への旅行者が爆買するのも分かります。

まぁ、日本製だからという理由もあると思いますが。

日本非居住者なので、免税こちらの記事で書いた割引クーポンを利用して日本の家電量販店で購入しました。

購入したG7 X Mark II

こちらが購入したg7x mark2です。

 

コンパクトデジカメの部類ですが、さすがにポケットには入らない大きさです。
普段からシンガポールでは、バックパックを利用しているのでカメラもそこにいれて持ち運んでいます。

使ってみて良かった点

動きが速い被写体もくっきり撮れる

g7x mark2を購入して、さっそくシンガポールのF1でレーシングカーを撮ってみました。

流し撮りの機能を利用しましたが、想像以上にF1カーがくっきり撮れてびっくりしました。
背景は流れていますが、F1カーの車体の文字までしっかり見えます。

拡大してもキレイにとれる

遠くの被写体を撮るときに、大きく拡大しても全く劣化を感じません。

例えば空港で遠くにとまっている飛行機を拡大せずに撮ると↓の写真が
 

ここまで拡大させて撮影できます。
スマホではここまで拡大できないと思います。

背景のぼやけもキレイ

料理や植物などの近い距離にある被写体を撮るときも、背景をうまくぼやかして被写体を浮かび上がらせてくれます。

特別な技術がなくても、シャッターを押すだけで撮れるので写真素人には助かります。

夜景ももちろんキレイ

ブログ用に撮る夜景の写真も、ライトの色味まではっきり見えるように撮れて、撮るのが楽しくなります。
 

いまいちだと思った点

G7 X Mark IIを約半年利用してみると、やはり良い点ばかりでなく改良が必要だなと思うような点もいくつかありました。

スマホ、PCへ画像転送にWifiが必要

撮った写真をスマホやPCへ簡単に転送できる機能があるのですが、転送する為にはWifiが必要になります。

そのため、外出先で写真を撮った時にすぐにスマホに転送してLINEで誰かに送ることができません。
Bluetoothなどでカメラから写真の転送が直接出来ると、もっと便利だと思いました。

電池の減りが早い

電池の消耗が思っていたより早く、写真が撮りたいときに撮れなくなるということが何度かありました。

大量の写真を撮っていると1日持ちません。
例えば、F1を観にいった日には、帰り際には電池が切れてしまいモバイルバッテリーから充電する必要がありました。
(モバイルバッテリーから充電できるのは利点ですが。)

充電中は写真を撮れないので予備のバッテリーの購入も検討中です。

まとめ

Canon PowerShot G7 X Mark IIを購入して半年利用してみました。

写真の事がよく分かっていない素人でも、いくつかのモードを利用してシャッターを押すだけで驚くほどキレイな写真を撮るころができます。

高い買物でしたが、写真を撮るのも楽しくなるので買って非常に良かったです!