シンガポールから日本のAmazonで書籍を注文したら2日で届いた!

シンガポールで日本の書籍を購入するには、
・紀伊国屋で購入(高いですが…)
・日本からの出張者/旅行者に買ってきてもらう
等ありますが、今回は諸事情により日本の書籍が急ぎ必要になりましたので、Amazonで注文してみました。

Amazonで注文

日本のAmazonのWebサイトから、日本で購入するのと変わりなく普段通りに買い物できました。

日本国内で購入する場合との違いは、決済する際に発送先に国外を選んでシンガポールの住所を入力するだけです。

なぜか発送先住所で「市」の項目も埋めなくては、次に進めませんでしたので、「Singapore」といれておきました。
(Wikipedia情報によると、Singaporeは都市国家なので市町村のくくりは無いとのこと。)

住所には、Singaporeが2回表示される形になりますが、まぁ大丈夫でしょう。

ちなみにAmazonで注文したのは3/28 15:00頃でした。

料金

Amazonのサイトに記入されていますが、シンガポールへの手数料(配送料)は下記のとおりです。

商品カテゴリー 配送1件ごとにかかる料金 商品1点ごとにかかる手数料
書籍、VHS ビデオ ¥600 ¥300

ちなみに、日本の消費税は課税されません!!

DHLから荷物配送の連絡

3/30の午後に知らない番号からの電話がありました。

電話に出てみると、何か言っています。
が、早口過ぎてわかりません…

DHLという単語だけ聞き取れたので、Amazonの配達かな!と思いましたが、ちょうどタイミング悪く外出していましたので、外出しており家にいないと伝えると「持って帰る」と言って電話が切れました。

その後、SMSでも配達できなかったの自動通知が届きました。

電話では再配達については何も聞かれませんでしたので、再配達してくれるのかな?と思っていたら、メールアドレスとSMSにDHLからメールが来ており、再配達の日時を指定できるWebサイトへのリンクがありました。

再配達の依頼

メールに記載されているリンクをクリックすると、DHLのWebサイトに飛ぶので、「Schedule Your Delivery」を選択

日付と時間を選択

というステップだけでで、簡単に再配達の依頼ができました。

便利!!

書籍の到着

指定の時間になるとDHLの配達員が、Amazonの箱を運んできてくれました。

受領のサインは、スマホのような機械のスクリーンに指でなぞって署名。
ハイテク!

箱を受け取ると、ボコボコで空けられた跡が。。
おそらく、税関で中身をチェックされたようです。

中のビニールまで破かれ、本の中身までチェックしたようです。本の帯が破れていたりしました… どうせ捨てるからいいけど。

 

初回配達日に受け取れませんでしたが、注文から2日でシンガポールの家に届くことになります。
Amazon恐るべし。

この手数料と早さで日本の書籍を手に入れられるのなら、シンガポールにある紀伊国屋は厳しいのでは…と思いました。