結局どのSIMを買うか?StarHubのプリペイドSIMの購入と設定方法

シンガポールに来てからは、StarHubのプリペイドSIMを購入してスマホで電話やインターネットを利用しています。
どの通信会社のどのSIMが良いのか迷ったり、SIMの設定方法や使い方を色々調べたり試行錯誤しましたので設定手順などの情報をまとめてみました。

通信会社の選択

シンガポールには、
 ・Sigtel
 ・StarHub
 ・M1
と3社のモバイル通信会社があります。
ほかにCircles.LifeというMVNO(M1のネットワークを利用)があるようですが、シンガポールで生活していても余り見聞きしません。

分かり安くいうと勝手なイメージですが、日本の大手3社に対して
 Sigtel(最大手) = Docomo
 StarHub (ケーブルTV)= KDDI
 M1 (3番手)= Softbank
的な位置づけと思っています。

シンガポールでSIMを購入するにあたり、どの通信会社にするか迷いましたがきっと競合しておりサービス、料金などはどの会社を選んでもほぼ変わらないと思っていました。

結局は、家のインターネット契約をしたStarHubを身近に感じていましたし、StarHubならシンガポールのデータプランを海外でも利用できるようですのでStarHubを選びました。

ネットワークのカバー範囲

シンガポールは東京23区くらいのサイズしかない国なので、どの通信会社でも大差ないだろうとSIM購入時には気にもしてませんでした。
調べてみると通信会社により少々異なっていました。

OpenSignalというWebサイトから、Sigtel, StarHub, M1の通信可能範囲が分かります。

見比べてみると、Sigtelのカバー範囲が一番広いようです。(さすがシンガポールのドコモ!)
あとは、StarHubとM1は同程度のように見えます。

ただし、つながらないのはシンガポールの端っこの方や中央の湿地帯で、ほぼ訪れることは無いような場所です。
行くことが多いと思われる場所は、どの通信会社でも網羅しています。

ということで、SIMを選ぶときにそんなに深くネットワークのカバー範囲は気にしなくて良さそうです。

ちなみに、少し古い記事ですがネットワークのカバー範囲、通信の強さともに
 Sigtel > StarHub > M1
の順と書かれています。

参考:Singtel vs M1 vs StarHub: how the telcos’ coverage fare across Singapore

SIMの種類の選択

通信会社の次はSIMの種類を選ぶ必要があります。
SIMは、プリペイド(事前払い)とポストペイド(事後払い)の形式があります。

ざっくり分けると
 プリペイド:最初にお金をチャージして、チャージしたお金を消費して電話やインターネットをする
 ポストペイド:契約を結び、月単位で決まった金額を支払い電話やインターネットをする

それぞれに、メリット、デメリットがありますが、私はプリペイドにしました
理由は

  • 利用期間の契約不要
  • 電話やインターネットの利用は多くない
  • 海外で使えるHappy Roamというサービスがある

です。

ただ、ポストペイド形式だと日本と同じようにスマホ端末を安く買えるプランもあるようなので、シンガポールでの生活状況に応じてポストペイドへの変更も検討したいと思っています。

購入したSIMのまとめ

いろいろ考えましたが、StarHubのポストペイドSIMを購入しました。

1番の理由は、Happy Roamという海外データローミングサービスです。
このサービスは
 ・対象国でSIMカードをそのまま使える
 ・シンガポールのデータプラン(レート)がそのまま適用できる
と素晴らしいです。

これが本当に利用できるなら、日本に一時帰国した時も、わざわざ日本の短期間用SIMカードを購入して入れ替えたりする手間が省けて非常に便利です!

という感じで、このサービスを試してみたいという思いもありStarHubにしてみました。
#海外ローミングサービスは他の2社(Sigtel, M1)でも有るようですが詳細は不明です。時間があるときに調べてみようと思います。

StarHub プリペイドSIMカードの購入

最初はStarHubの店舗へ直接行ってみたのですが、店頭ではプリペイドカードの販売はやめてしまったとのことで、セブンイレブン等で購入してくれと言われました。

ということでセブンイレブンへ行き、カウンターで「StarHub Prepaid SIM, Please」程度の簡単な英語を伝えれば売ってくれました。日本ではSIMカードを購入する際にサイズに気を付ける必要がありますが、シンガポールでは各サイズに分離できる形状(3-in-1 SIM)になっており、購入時にサイズを間違える心配はいりません。

これは非常に便利!
日本のSIMの是非この形状に!!

購入時にはパスポートを求められるので、店員へ渡すとレジにあるPOSでパスポートをスキャンします。そして、購入するSIMカードの裏面もスキャンしていました。

購入手続きはこれだけです。
特に何か書類を書いたりする必要もなく、簡単にプリペイドSIMカードは購入できました。

購入時に、なにも聞かれず↑のSIMが出てきたので、私が購入したセブンイレブンでは15 SGDのプリペイドカードのみを扱っているようでした。

SIMカードの設定

有効化

購入したプリペイドSIMカードをスマホに挿入するとAPNの設定画面が自動で表示されました。
StarHubのPrepaid(SH Data Prepaid)を選びます。

 次に購入したSIMをActivate(有効化)します。
*142#へ着信を入れると自動で有効化されます。

正しくできるとActivateされたメッセージが画面上に表示されます。

チャージ内容の確認

次に、初期状態でチャージされている金額を確認します。

*123*1# を入力して、Callボタンを押すと↓のWindowが現れます。
1を入力して「送信」ボタンを押します。

新しい画面が表示されて、チャージされている金額などがわかります。
15SGDでSIMカードを購入しましたが、18SGDがチャージされていました。
 Mobile:(自分の電話番号)
 Main Balance :(チャージされている金額)
 Card Expiry:(有効期限)

今度はデータ容量が初期状態でどれほどあるか確認するため、再度 *123*1# を入力します。
3を入力して「送信」ボタンを押します。

新しい画面が表示され、データ容量は約15GBあることが分かります。
購入時のデータ容量は使用期間が短い(expiring XXXX-XX-XXが期限)ので注意しましょう。
この時は5日間しか使えませんでした。

これで、とりあえずはシンガポールで電話、データ通信(インターネット)が利用できるようになりました。
インターネットスピードを計測してみると、9.4Mbpsあり普段使いには問題なさそうです。

 

StarHubのプリペイドSIMを使う場合はこちらの記事も↓

お手軽にStarHubのSIMを使いましょう。アプリのインストールと使用方法。

2017.10.08