環境庁(?)の人がモスキートチャックに突然きた

ある日、家にいると急にドアをノックする音が。

午後にRedMartの宅配を頼んでいたので早くきたのか?と思い出てみると、インド系のおじさんがいました。
そして、首から下げているカードを見せながら「環境庁の者だ。モスキートチェックにきた」と言います。

シンガポールでは、蚊を繁殖させていないかチェックがあるようなことは聞いてましたが、本当にチェックしに来るとは。

「部屋みていい?」というので、どうぞと中に入ってもらい「植物は無い?」と聞くので、「ない」と答えてキッチンを見て「OK」と言って30秒ぐらい部屋のリビングをチラッと見ただけで帰っていきました。

次に隣の部屋のチャイムを鳴らしていたので、各部屋を順にチェックしていっているみたい。

蚊を繁殖させているのが発見されると200 SGD(約16,000)の罰金なんですとか。

ここまでして蚊の発生を防ごうとするですね…
住んでいる人間としてはありがたいですが。