どの料理も美味しい四川豆花飯荘。この辛さが病みつきになります!

四川料理の有名店 四川豆花飯荘に行ってきました。
店名はシセントウホァと読むようです。発音難しいですね。

シンガポールには現在4店舗あり、他にマレーシアや東京にもお店があります。

UOBビルの60階にある店舗は景色が良くて有名なようですが、私たちはブラブラしていた場所から近いPARKROYAL on Beach Roadホテルの1階にあるお店へ行ってみました!

四川豆花飯荘へ

お店はホテルの1階に入っていますので、ホテルを目指して行けば分かりやすいです。

お店はホテル1階の右側にあります。ホテル前の道路からはお店は見つけにくいですが、ホテルに入ってしまえばすぐです。

料理の注文

このお店の素晴らしい店は、メニューに日本語が書いてある!という点です。
英語メニューを頑張って読んだり、中国語から推測する必要も無く楽です。

さらに、料理に辛さのレベルも表記されているので選ぶ時の参考になります。

 

注文した四川料理

今回注文した料理の正しい名前は、忘れてしまいました…
次回行くことがあれば、写真を撮っておこう。。

1品目は、辛いタレの中に蒸したチキンが入っている料理。

見た目は凄く辛そう…でも食べて見るとそれほど辛くはない。
鶏肉はチキンライスにのっている鶏肉のように、プリっとしていておいしい
今回食べた料理では、この料理が一番おいしかった。次回も頼もう!

激辛の唐揚げ。
揚げた1つずつの鶏肉のサイズは小さいですが、そこに山椒がからまり非常にしびれる辛さを体験できます。
これは病みつきになる辛さなので、一度試してみるのをおすすめです。

たしか、この料理は最上位の辛さとの表記がありました。

四川料理では、はずせない麻婆豆腐。
ただ、先ほどの唐揚げに比べれば、辛さはそれほどでもありません。
(山椒で舌がしびれてしまっていたかも..)

赤い料理ばかりのなかでの、わずかな癒やし 笑
単なるアスパラですが、ニンニクの味付けも適度でたおいしかった。

チャーハン。
ご飯粒がパサパサになっており、おいしい。
いままでシンガポールで食べたチャーハンでは一番美味しいと思いました。

辛い料理ばかりだったので、最後に舌を回復させるためのマンゴーゼリー。

これらの料理に加えて、4杯のビール、2杯のお茶を飲んで合計約190SGD(約15,200円)です。
高い…

男2人で行ったのですが、もう1人は観光でシンガポールに来ており、今しか食べれないということで注文しすぎてしまいました。

後半はお腹いっぱいで..
各料理で、小 中 大を選べますが、2人なら全部小サイズでいいと思います。

まとめ

四川豆花飯荘は、お値段は高めですが味は間違いなくおいしいです
店内はキレイでクーラーがきいており涼しいので、観光で疲れた後に行っても落ち着いてご飯を食べられます。
メニューに日本語表記があるので注文も楽です!

今回訪れた時には写真を撮り忘れましたが、ティーマスターといわれる方が、かっこよくお茶にお湯をそそいでくれるので、それもまた見物です!

お店情報
店名:四川豆花飯荘
住所:7500 Beach Road, Singapore 199591 
   *他にシンガポール内に3店舗あり
   オンライン予約も可能
開店時間: Lunch : 11.30am – 2.30pm
      High Tea : 2.30pm – 6.00pm
      Dinner : 6.30pm – 10.30pm
URL:http://www.sichuandouhua.com/