シンガポールで普段食べる食事と料金(ホーカーズ/フードコート)

シンガポールに住んでいる日本人が、シンガポールで暮らしているなかで普段何を食べているのか、過去に撮った写真と薄い記憶から値段を思い出してまとめてみました。

ブログの記事では、結構いい値段のレストランの記事を書いていますがそのようなレストランへ行くのはまれで、主に親族や友人が遊びに来てくれたときです。
普段はホーカーズやフードコートで食事をしています。

といっても、汗っかきの自分はホーカーズで食事をすると汗だらだらになってしまうので、持ち帰りとして買って家で食べることが多いです。

ホーカーズ

小さなお店(ホーカー)が並んだ、シンガポールの国民的な食事をする場所です。
お店で買ったものを、空いている席で食べる感じになります。

ただ、屋内ではないので暑いですし、日本ほど衛生的にキレイではありません。
(それでも、他の東南アジアの国の屋台に比べたらキレイです!)

エコノミーライス 約3.7SGD(約300円)

シンガポールで、おそらく最もポピュラーな食事だと思います。

エコノミーライスなのか、エコノミックライスでいいのか、未だに正しい名前はどちらか分かりません。

シンガポールでは、いたるところにこのエコノミーライスのお店があります。
店頭にたくさんの肉、魚、野菜が並んでおり、欲しいおかずを選んで盛り付けてもらいます。

のせるおかずによって、金額も変わります。
おいしいのですが、非常にオイリーなので太ります…
  

持ち帰り用のパックに詰めてもらうこともできます。

Fried Hokkien Noodle ホッケンミー 6SGD(約480円)

細麺と太麺の2種類の麺が入っているヌードル。
日本の焼きそばよりは水気が残っています。

ラオパサという金融街ど真ん中のホーカーズで食べたので6SGDもしますが、郊外であればもっと安いはずです。

牛肉ヌードル 4.5SGD(約400円)

牛肉と青菜のような野菜が入ったヌードルです。
味が薄いので、チリなどを入れてたべると、ちょうど良い味になります。  

ガパオライス 5 SGD(約400円)

ホーカーズには、シンガポール料理以外のお店もたくさんあります。

私が好きなのはタイ料理です。辛いですが病みつきになります。
たまにタイで食べるよりおいしい時もあります。料金はタイよりもちろん高いですが。

ローストチキンライスセット 5.5SGD(約450円)

シンガポールな有名なチキンライスは、スチームチキンライスだと思いますが、ローストチキンライスもよく売っています。

フードコート

ホーカーズよりもう少し値段が高く、デパートの中などに入っているフードコートです。
こちらはクーラーもきいているので、食事も快適です。

日本でショッピングモールに入っているフードコートと同じですね。

プルコギ定食 5.5SGD(約450円)

正確には名前違うかもしれません。
韓国料理ももちろん沢山あります。

キムチチャーハン 5.5SGD(約440円)

Nasi Goreng satay set 6SGD(約480円)

写真では分かりにくいですが、ご飯を食べきれないくらいの大盛りです。
こちらの料理もチリをつけて食べるとおいしい。

チキンライスセット 5.5 SGD(約440円)

有名チキンライスセットです。

うどんと唐揚げセット 5.5SGD(約440円)

フードコートにも日系のお店は入っていることがあります。
日本人が作っているわけではないので、味は少し?となることがありますが、
海外で日本食(に近い料理)が食べられるだけで幸せです。

チキンカレー

こちらも、上記のうどうと同じお店です。
具だくさんのカレーです。
おいしいという訳ではないですが、たまに食べます。
あまりからくないので、チリパウダーをかけろと進められますが。。。

まとめ

シンガポールでは、大体 3SGD(180円)から6SGD(480円)あれば、それなりにしっかりした食事が食べられます。

そして味もなかなかおいしいのです。
しかし問題は、野菜があまりとれず脂っこい料理が多いという点。なので自制心を持って食事を選んでいかないと簡単に太ってしまいます。