シンガポールで食べられる日本食チェーン店の料理と料金

シンガポールには、外資のチェーン店が多く進出しており、日本とほぼ変わらない食事を食べられます。

もちろん日本のレストランやファーストフードのお店も多く、味は全く同じではないですが懐かしい味を楽しめます。

日系チェーン店

モスバーガー

・テリヤキチキンバーガー
・ホットドッグ
・セット(ポテト+ドリンク)
のセットで11.85 SGD(約1,000円)です。

あまり日本ではモスバーガーを食べませんでしたが、日本よりは高いのではないでしょうか。
ただ、日本のモスバーガーは提供されるまでの時間が遅いというイメージですが、シンガポールでは結構早かったです。

CoCo壱番屋  

・カツカレー
・コーンサラダ
で、税金を含めて19.15SGD(約1,500円)でした。

シンガポールでは新鮮なサラダを食べられる機会が少ないので、サラダが非常に美味しく感じました。

新宿さぼてん

ロースかつ御膳(L)
 ・ごはん(お代わり自由)
 ・みそしる
 ・レタス(お代わり自由)
 ・茶碗蒸し
 ・とんかつ
のセットになっています。
お腹いっぱい食べられますが、サービス料、税金を含めると28SGD(約2,250円)もする高級日本料理です。

食べた後の会計時は罪悪感まんさいです。

ペッパーランチ

なに?この肉の量は??
と写真を見返したら思ったほどの、肉の少なさです。

13.4SGD(約1,100円)なので、日本の値段とそんな違いはなさそうです。

やよい軒

・チキン南蛮定食(ごはんを16玄米へ変更オプション)
で、サービス費、税金を含めて19.89SGD(1,600円)です。

料理の見た目は素晴らしく、海外の店舗とは全く思いません。
味も美味しいです!

日本以外の外資チェーン店

日本に進出している海外チェーン店は、シンガポールにも多いです。

マクドナルド

・マックスパイシー(McSpicy)
・ポテト M
・ドリンク M
のセットで8.4SGD(約680円)

たしか日本には無かったメニューだと思いますが、このマックスパイシーはおいしいです。
チキンとチリの辛みが非常に合います。

そして、シンガポールのマックはドリンクが大きく、写真のドリンクサイズでMです。

残念ながらテリヤキバーガーはありませんし、月見バーガーも楽しめませんがシンガポール独自のメニューが期間限定で色々あります。

SUBWAY

サブウェイは日本でも行ったことが無く、注文方法がよく分からないので行くのを避けていました。

お店の前を通ったら空いていたので挑戦してみたら、案の定、なにをどこから選べばよいかよく分かりませんでした。
そして、店員の英語も聞き取れない。。。
促されるままに、パンやら具材を選んでいきなんとか完成。

何を買ったかも覚えておらず、写真もないのですが、家計簿によると5.6SGD(450円)のものを買ったようです。
ドリンクはセルフサービスで、自分で好きなものをカップに注ぐ形でした。

スターバックス

写真を撮ったはずがみつからなかったので、写真無しです。

アイスアメリカーノのグランデサイズで税込みで5.2SGD(約420円)です。

シンガポールは、本当にスターバックスの数が多いです。
オーチャードなどを歩いていると、本当に何店あるんだろうというほど見かけます。

まとめ

シンガポールには、外資や日系のチェーン店が数多く進出しているので食べ物には全く困りません。

ただし身近に沢山あっても、値段が高いので日本ほど気軽に食べにいけないのが辛いところです